社長挨拶

 弊社は日本の高齢化社会に貢献し続けることに自社の存在意義を見出しています。
 国際的にも日本高齢化社会の問題は非常に注目されており、日本の対応実績がこれからの世界の高齢化社会におけるモデルケースとして重要な役割を担ってなっています。

 しかしながら現実の日本の労働生産性はOECD加盟国38か国中27位と国際的に低い水準で推移しており、さらに高齢化社会を支えている医療介護業界は日本の全業種の中でとりわけ低い水準です。

 生産性とは、インプット(投入量)に対するアウトプット(産出量)の割合のことですが、1959年のヨーロッパ生産性本部ローマ会議報告によれば、生産性は何よりも精神の状態であり、現存するものの進歩や不断の改善をめざす精神状態と定義されています。

 弊社は日々、医療介護サービスを提供しながら、同時に低労働生産性対して強い問題意識をもって課題の改善に取り組んでまいりました。
 なぜなら、生産性の改善が利用者の皆様に対するサービスの品質を高め、医療介護職員の処遇を改善する強い手段になり、その有用性を世界モデルとして次の世代に役立てることができると確信しているからです。
 単価決定権が政治的要因である当業界では診療報酬・介護報酬やその改定のみをあてにした経営体質では、末端の医療介護従事者の真の処遇改善とサービス品質向上の実現は現実的に困難であり、医療法人・社会福祉法人を含む、民間中小企業の経営・業務改善・改革による生産性向上が不可欠です。

 これらのことから、弊社はこれからの高齢化社会に支え続けるために、困っている方の課題を解決しお役に立ちたいという福祉の哲学および理念と医療介護技術の進歩を邁進し、同時に現場の生産性改善・職員の処遇改善といった、理念と経済合理性の両立を実現する福祉サービス提供と組織運営を磨き続けてまいります。

ストレスケアリゾート株式会社
代表取締役社長 北出 洋樹

資格・認定
中小企業診断士(登録申請中)
介護支援専門員/理学療法士/柔道整復師
健康経営優良法人
福祉サービス第三者評価