統合ストレスケアと健康増進

若手セラピストの為の機能解剖学的アプローチ実践講座

機能解剖学的アプローチ実践講座

実践講座では、より臨床に即した技術と考え方の提供を行っております。その為、即日・今日にでも使用できるテクニックを習得できる内容を提供しております。

この半年のコースすべてをクリア後には、今までとは異なる臨床展開を行える様になり、目の前の患者様に還元することができ結果を確実に残すことが出来ます。皆様が研鑚してきた知識と技術をより磨き上げることができる内容になっております。

一週間に1度のカリキュラムで行う本講座では単発のワークショップで行う筋収縮アプローチ・リリース・マニュピレーションに加え、評価の考え方や症例別の応用したテクニックなどより臨床に即した構成になっておりますので、スキルアップやブラッシュアップをより確実にご自身の技術として獲得したい方へオススメをしております。

 

カリキュラム

毎週日曜日 13時~16時

4月 10月 部位 下肢

1W 機能解剖学から診た股関節に対するアプローチと考え方

2W 機能解剖学から診た膝関節に対するアプローチと考え方

3W 機能解剖学から診た足関節に対するアプローチと考え方

4W 1~3Wの複合(下肢)・応用テクニックと考え方

 

5月 11月 部位 上肢

1W 機能解剖学から診た肩甲帯に対するアプローチと考え方

2W 機能解剖学から診た肩関節に対するアプローチと考え方

3W 機能解剖学から診た肘関節に対するアプローチと考え方

4W 1~3Wの複合(上肢)・応用テクニックと考え方

 

6月 12月 体幹編

1W 機能解剖学から診た体幹に対するアプローチと考え方①肩甲帯

2W 機能解剖学から診た体幹に対するアプローチと考え方②骨盤

3W 機能解剖学から診た体幹に対するアプローチと考え方③上肢

4W 機能解剖学から診た体幹に対するアプローチと考え方④下肢

 

7月 1月 脊椎編

1W 機能解剖学から診た脊椎・脊柱に対するアプローチと考え方

2W 機能解剖学から診た頸椎に対するアプローチと考え方

3W 機能解剖学から診た胸椎に対するアプローチと考え方

4W 機能解剖学から診た腰椎に対するアプローチと考え方

 

8月 2月 動作編 運動連鎖の誘導方法

1W 機能解剖学から診た寝返りとそのアプローチと考え方

2W 機能解剖学から診た起き上がりとそのアプローチと考え方

3W 機能解剖学から診た立ち上がりとそのアプローチと考え方(床から、座位から立位)

4W 機能解剖学から診たトランスファーとそのアプローチと考え方

 

9月 3月 応用編

1W 機能解剖学から診た歩行とそのアプローチと考え方

2W 機能解剖学から診た走行とそのアプローチと考え方

3W 機能解剖学から診た応用動作に対するアプローチと考え方① ジャンプ ジョグ

4W 機能解剖学から診た応用動作に対するアプローチと考え方② 方向転換 階段

 

この講義を通して習得できる事。

・局所から全身、全身から局所の繋がりを把握して適切な治療選択を行え、最適な治療アプローチを行える。

・運動連鎖と基礎動作や応用動作の繋がりを把握して適切な治療選択を行え、最適な治療アプローチを行える。

 

ご利用ごとの料金

頻度(月4回) 月謝(税別)
1か月   24,000円
6カ月   20,000円

※中途不参加の料金返還は対応出来かねますのでご注意ください。

※申し込み時期が中途参加からでも、次サイクルの講義の本サイクル未講座を受講することが可能です。

開催場所

東京都足立区柳原1-11-11 ストレスケアリゾート株式会社

最寄り駅 京成関屋より徒歩5分 北千住駅より徒歩15分

 

お申し込み方法

お申し込み、お問い合わせは下記の項目を記載の上

担当の小澤までメールでのご連絡をお願いします。

統合ストレスケアセラピスト養成コース

東京事務局 小澤 メールアドレス

takuya.ozawa@scr.tokyo.jp

①氏名(ふりがな)②連絡先(携帯番号・メールアドレス)③所属・経験年数 ④希望受講月

ご予約・ご相談などこちらからどうぞ。 TEL 03-6806-1014 電話受付時間:10:00~19:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.